イベントスケジュール

【催行終了】2019年9月28日(土)・29日(日) 初秋の南八ヶ岳縦走 硫黄岳〜赤岳 山小屋泊

〈MONTURA Store FC Tokyoツアー〉
(公社)日本山岳ガイド協会 認定登山ガイド&スキーガイドの林と小関が運営する東京アウトドアライフが企画・催行する登山ツアーの募集です。

八ヶ岳の代表する三山であり日本百名山、赤岳〜横岳〜硫黄岳を山小屋に1泊して縦走するツアーです。

ゆったり紅葉を眺め山歩きを楽しみながら高峰を安全に登山技術をワンステップ上げていただける企画にしていますので、<初めての高峰><初めての山小屋泊><初めての八ヶ岳><アルプスに向けてのトレーニング>という方でも安心してご参加いただけます。

下山後は希望者には美濃戸口もしくは茅野駅近くの入浴施設をご案内いたしますので、汗を流してからご帰宅いただくことができます。

この企画はイタリアのアウトドアウェアブランド「MONTURA Store FC Tokyo(駒込)」協賛ですので、プライペートガイド登山に近い少人数制を実現し、きめ細かなサポートと親しみあるコミュニケーションを心掛けています。
それにより一人一人への登山技術のレクチャーや自然解説、道具のアドバイス、雑談などなど、旅行会社の大人数ツアーでは困難な、細やかなサービスをご提供することで、お客様のアウドトアライフをより密にサポートしています。


【日程】
令和元年9月28日(土)〜29日(日)山小屋泊 ※雨天決行、荒天の場合は中止いたします。

【行程】
1日目
JR茅野駅(9:30)・・<タクシー>・・桜平(10:30)・・・夏沢鉱泉・・・オーレン小屋・・・夏沢峠・・・硫黄岳・・・硫黄岳山荘泊(15:00)
2日目
硫黄岳山荘(7:00)・・・横岳・・・赤岳・・<文三郎尾根>・・行者小屋・・<南沢>・・美濃戸山荘・・・(15:30頃)八ヶ岳山荘(美濃戸口)・入浴(16:20発)・・<路線バス>・・JR茅野駅(16:57着)
※雨天や風が強い場合は小休憩時に少しづつ食べられるような、湯沸かしや調理が必要の無い行動食をご準備ください。
※八ヶ岳山荘(美濃戸口)にて入浴し、さっぱりして帰路につきますので着替えを各自ご用意ください。

【標準コースタイム】
1日目
2時間50分(休憩時間除く)
2日目
6時間20分(休憩時間除く)

【標高差】
1日目
登り860m
2日目
登り230m/下り1,410m
※ルート上の最高標高と登山/下山口標高の単純差です。アップダウンがありますので、獲得標高はもっと大きな値になります。

【募集定員】
7名/最小催行人数 5名

【参加費】
18,000円(税込、交通費、宿泊費別)

旅行業法の関係上、料金には参加者の交通費、宿泊費、食費、施設使用料等は含まれておりません。ご不便をおかけしますが、別途各自でお支払いをお願いいたします。タクシーおよび硫黄岳山荘の予約手続きはこちらでまとめて行います。
※硫黄岳山荘 1泊2食  10,000円

【集合場所】
9:15 JR茅野駅改札前集合
※電車:JR新宿駅7:00発→<JR特急あずさ1号>→9:07着 JR茅野駅
※マイカー:JR茅野駅周辺の駐車場にお駐めください。
初日に茅野駅から登山口 桜平まではタクシーを手配し代金を参加者全員で割り勘します(往復1,500円〜2,000円目安)。

【解散場所】
JR茅野駅 17:10頃

【申し込み方法】
下の「お申込みはこちら」ボタンを押して、手続きのページに移動してから必要事項を入力しお申し込みください。

【キャンペーン】
当ツアーへご参加される方を対象に、会員制捜索ヘリサービス「COCOHELI ココヘリ」の入会金3,240円→2,160円になるキャンペーンを行なっています。ご加入を希望される方はその旨を仰ってください。
さらに9/30まで限定!入会金実質0円キャンペーンを追加開催。詳細はお問い合わせください。
COCOHELI ココヘリとは

 


【参加対象者】

登山レベル 無積雪期中級

登山口から最高標高点(北奥千丈岳)までの標高差は登り860m/下り1,400mと日本アルプスにも迫る行程です。しかし2日に分けゆっくりと登りますので、高山デビューの方やこれから北や南アルプスに挑戦しようとする方の練習にも最適です。硫黄岳から赤岳間は岩場・鎖場・ハシゴ等危険箇所も所々ありますが、ガイドが2名付いて登り方・下り方(3点支持)を丁寧にご指導いたします。自信が無い方にはロープを使用して安全確保いたしますのでご安心ください。奥多摩や秩父、丹沢辺りの山を数度登られた方であれば充分にお楽しみいただけると思います。高峰でなければ味わえない登山の様々な醍醐味が凝縮された山です。ちなみに山梨県の山のグレーディングでは、1日目は技術レベルがB(5段階の下から2番目)・体力レベルは10段階中3、2日目は技術レベルがC(5段階中の真ん中)・体力レベルは10段階中4に位置付けられています。

「山梨 山のグレーディング」はこちら

東京アウトドアでは、下山の標高差と一部危険箇所(岩場・鎖場)があることを考慮して「中級レベル」と判断しています。

レベルについては「体力・技術レベルについて」のページをご一読ください。

体力・技術レベルについて
※緑枠を押すとページに移動します

不安なことがありましたら、お申込み前になんでもご相談ください。


【持ち物】

「装備リスト 無積雪期 3,000m級 小屋泊」ページを参考に、ご不明点はお問い合わせください。

装備リスト 無積雪期 3,000m級 小屋泊
※緑枠を押すとページに移動します

※天気予報は下界の予報であり、山では標高や地形が複雑に絡みますので完全に別物です。また山の天気は、例えプロであっても読み切れないことが起こります。とう晴天の予報であっても雨具は必ずお持ちください。
※新たに購入されるウェア、ギアがありましたらアドバイスさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。


【ご留意事項】

「参加にあたってのご注意事項」を必ずお読みの上お申込みくださいますよう、お願い申し上げます。

参加にあたってのご注意事項
※緑枠を押すとページに移動します


■ご予約からご参加までの流れ

1.下の「お申し込みはこちら」ボタンからお申込みページへお進みいただき、入力フォームに必要事項を入力して最後に「送信」ボタンを押してください。

2.こちらでお申し込み情報を確認次第、お客様へお申し込み完了のEメールを差し上げます。(携帯メールの方は、下記アドレスからのEメールを受け取れるように、携帯の迷惑メール設定をご確認ください。)電波の入らない山域へ入山中など、数日メールが送れない場合があります。ただし1週間経っても届かない際は、お手数お掛けいたしますがお問い合わせください。

3.最低催行人数に達した時点で、催行決定のEメールをお送りいたします。メールに記載してあるURLリンクより「山行のしおり」ページへ遷移しますので、最終内容をご確認ください。(メール本文に「山行のしおり」を記載している場合もあります。)

4.費用は当日集合場所にて現金にて頂戴いたします。お手数をお掛けいたしますが、お釣りの無いようにご用意いただけると幸いです。どうしても事前にお支払いされたいという方は別途ご相談ください。

5.キャンセルは3日前まで無償で承ります。ご予定が変わられた際には、早めにご連絡いただけるとキャンセル待ちの方へご連絡できますので助かります。
3日前まで:キャンセル料無料、前日まで:キャンセル料30%、当日:キャンセル料50%を頂戴いたします。

6.当日は体調を整え、出発時間に間に合うようにご集合ください。路線バス時刻の関係上8:25までに塩山駅北口改札前に来られない場合はご参加いただけません。また当日であっても体調がすぐれない場合は無理をせずに参加中止を申し出てください。

7.私たちも大好きな、八ヶ岳の主峰 赤岳へ全員で元気に登頂しましょう!

お申し込みはこちら

関連記事

  1. イベントスケジュール

    【催行終了】2019年1月12日(土)天城山 日帰り 〈MONTURA Store FC TOKYO…

    催行終了いたしました!ご覧いただきありがとうございました。「天…

  2. イベントスケジュール

    【募集終了】2019年11月3日(日) 那須岳(茶臼岳・朝日岳縦走) 無積雪期 日帰りツアー

    募集は終了いたしました。(公社)日本山岳ガイド協会 認定登山ガ…

  3. イベントスケジュール

    【催行終了】2018年11月3日(土)〜4日(日)鳳凰三山/南アルプス 1泊2日 小屋泊〈MONTU…

    11月初旬、街はようやく紅葉が始まる時期ですが、高山では早々に冬仕度に…

  4. イベントスケジュール

    【催行終了】2019年2月17日(日)沼津アルプス 日帰り〈MONTURA Store FC TOK…

    催行終了しました。沼津アルプスとは、地元の登山愛好会が静岡県の…

イベントスケジュール

パートナーサイト

MONTURA STORE FC TOKYO(東京 駒込)

ツアー参加者優待キャンペーン

ツアーへお申し込みと同時でお得に

<入会金3,240円が1,080円に>入会割引パック

facebook

  1. 山行備忘録

    奥秩父主脈西部縦走 1泊2日 2018年8月28日(火)・29日(水)
  2. ガイド日誌

    ゆったり仙丈ケ岳
  3. ガイド日誌

    谷川岳と至仏山
  4. ガイド日誌

    燕岳と北燕
  5. 私たちの道具紹介

    MONTURA(モンチュラ)の軽量ハードシェル
PAGE TOP