イベントスケジュール

【日本百名山・登山技術上達ツアー】2022年11月12日(土) 瑞牆山 カンマンボロン 日帰り

紅葉も終わりに近づき静かに山を楽しめる時期になる11月中旬、登山者が比較的少ない時期に標高2,230mの奥秩父名峰 瑞牆山へ、今は廃道となり地形図にも登山地図にも載っていない静かなバリエーションルートで登頂しようというツアーです。

今回の登りルートは、以前はパノラマルートと称され山頂への最短コースとして使われていました。今は登山目的で歩く人は少なく、一部の区間をボルダーやクライマーが、目当ての岩場までのアプローチルートとして使っている廃道です。
バリエーションルートと言ってもその昔は一般登山道であったコースのため、特別な技術や経験は不要ですのでご安心ください。

この山行の目的は、第一に瑞牆山に登ったことのある方でも意外と知られていない「カンマンボロン」を見に行くこと。第二に日本百名山 瑞牆山への登頂です。

「カンマンボロン」とは?
瑞牆山は修験の山。弘法大師がその昔、特異な姿をした瑞牆山に霊場としての可能性を見出したとか。その際に洞ノ岩(奥行約5メートル・幅15メートル・高さ40メートルの岩窟)に梵字で、「カンマンボロン(大日如来・不動明王の意)」と掘ったとされています。

バリエーションルートは山頂直下で一般登山道へ合流し、帰りは一般登山道を富士見小屋回りで瑞牆山荘へと下山します。

このツアーは、剱岳やジャンダルム、または大キレットと言った登山者ならば誰もが憧れる熟練者ルートを安全に楽しみながら踏破できる基礎〜応用技術を学ぶことができる「登山技術向上講座」の一つです。そのためガイド1人につき少人数で実施いたします。
それにより幅広い年代の方、一人一人への登山技術のレクチャーや自然解説、道具のアドバイス、雑談などなど、旅行会社の大人数ツアーでは困難な、細やかなサポートをご提供することで、お客様のアウドトアライフをより密にサポートしています。

日程

2022年11月12日(土)日帰り ※小雨決行、荒天の程度によっては中止いたします。

山行日程表

JR韮崎駅 8:45改札前集合・・・(タクシー)・・・ 9:45着 みずがき山自然公園駐車場 10:00発 ・・・カンマンボロン・・・大ヤスリ岩・・・瑞牆山山頂 ・・・富士見小屋・・・ 16:00着 瑞牆山荘
※集合場所から登山口まで(往路)はタクシーを予約します。運賃は参加者で割り勘になります。(1人約3000円目安)
※下山後の瑞牆山荘から韮崎駅まで(復路)は路線バスに乗車します(1人2,100円)
※晴天時は瑞牆山頂でランチ休憩を取りますのでお好きな食事を各自ご用意ください。雨天や風が強い場合は小休憩時に少しづつ食べられるような、湯沸かしや調理が必要の無い行動食をご準備ください。

募集定員

7名/最小催行人数 3名

参加費

12,000円(税込、交通費別)

集合場所

8:40 JR韮崎駅改札前集合、または9:30 みずがき自然公園管理棟前集合
※マイカー:みずがき自然公園駐車場にお駐めください。
※電車使用の場合、韮崎駅から登山口までは、行きはタクシーを利用し、代金を利用される方全員で割り勘します(1人3,000円目安)。帰りは路線バスを利用します(片道大人2,100円)。

解散場所

JR韮崎駅 18:00頃

申し込み方法

下の「お申込みはこちら」ボタンを押して、手続きのページに移動してから必要事項を入力しお申し込みください。

参加対象者

登山レベル 中級

登りは山頂直下まで最短となる急登ルートです。廃道特有の荒れた区間が有ります。また廃道上や山頂直下に数ヶ所、岩場・鎖場があります。危険箇所はガイドが手取り足取り補助いたしますのでご安心ください。ただし技術はサポート出来ますが、標高差800m程度を日帰りで登降する体力は必要です。参加条件に不安がある場合は、ぜひ事前にご相談下さい。

レベルについては「体力・技術レベルについて」のページをご一読ください。

体力・技術レベルについて
※緑枠を押すとページに移動します

不安なことがありましたら、お申込み前になんでもご相談ください。

持ち物

「装備リスト 無積雪期 日帰り」のページを参考に、ご不明点はお問い合わせください。

装備リスト 無積雪期 日帰り
※緑枠を押すとページに移動します

※晴れ予報でも山の天気は予報通り行かないのが常のため、必ずレインウェアはお持ちください。
※晴天でも立ち止まると体が冷えますので、防寒着を必ずお持ちください。
※新たに購入されるウェア、ギアがありましたらアドバイスさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。

ご留意事項

「参加にあたってのご注意事項」を必ずお読みの上お申込みくださいますよう、お願い申し上げます。

参加にあたってのご注意事項
※緑枠を押すとページに移動します

ご予約からご参加までの流れ

1.下の「お申し込みはこちら」ボタンからお申込みページへお進みいただき、入力フォームに必要事項を入力して最後に「送信」ボタンを押してください。

2.こちらでお申し込み情報を確認次第、お客様へお申し込み完了のEメールを差し上げます。(携帯メールの方は、下記アドレスからのEメールを受け取れるように、携帯の迷惑メール設定をご確認ください。)電波の入らない山域へ入山中など、数日メールが送れない場合があります。ただし1週間経っても届かない際は、お手数お掛けいたしますがお問い合わせください。

3.最低催行人数に達した時点で、催行決定のEメールをお送りいたします。すでに催行は決定しています。1週間前頃にメールにて最終のご案内をお送りいたします。メールに記載してあるURLリンクより「山行のしおり」ページへ遷移しますので、最終内容をご確認ください。

4.費用は当日集合場所にて現金にて頂戴いたします。お手数をお掛けいたしますが、お釣りの無いようにご用意いただけると幸いです。どうしても事前にお支払いされたいという方は別途ご相談ください。

5.キャンセルは3日前まで無償で承ります。ご予定が変わられた際には、早めにご連絡いただけるとキャンセル待ちの方へご連絡できますので助かります。
3日前まで:キャンセル料無料、前日まで:キャンセル料30%、当日:キャンセル料50%を頂戴いたします。

6.当日は体調を整え、出発時間に間に合うようにご集合ください。また定刻までに集合場所に来られない場合はご参加いただけません。また当日であっても体調がすぐれない場合は無理をせずに参加中止を申し出てください。

7.忘れられた登山道から登頂する日本百名山 瑞牆山を楽しみましょう!

お申し込みはこちら

お問い合わせ先

『東京アウトドアライフツアー事務局』担当:林(ハヤシ)
E-mail: info@tokyooutdoorlife.com

その他のツアー日程はこちらから

関連記事

  1. イベントスケジュール

    【催行終了】2020年3月20日(金祝)本仁田山 破線ルート日帰りツアー(地図読み・GPSアプリ活用…

    本仁田山(ほにたやま)は奥多摩駅から登山口まで歩いてアプローチできるこ…

  2. イベントスケジュール

    【登山技術向上ツアー】2023年1月14日(土) 房総グランドキャニオン 郡界尾根縦走〜鋸山アドベン…

    千葉県の観光名所の一つ、南房総国定公園に位置する房総を代表する人気の山…

  3. イベントスケジュール

    【登山技術上達ツアー】2022年6月17日(金)〜19日(日) 南八ヶ岳 編笠岳〜権現岳〜赤岳 岩稜…

    アルプスに引けを取らないスケールで険峻な岩稜が続きアルパインな雰囲気で…

  4. イベントスケジュール

    【登山技術上達ツアー】2022年6月10日(金) 大菩薩連嶺稜線縦走 滝子山〜大谷ヶ丸 日帰り

    大菩薩連嶺の南端、滝子山から大谷ヶ丸までを縦走するツアーです。滝子山は…

  5. イベントスケジュール

    【催行終了】2018年11月3日(土)〜4日(日)鳳凰三山/南アルプス 1泊2日 小屋泊〈MONTU…

    11月初旬、街はようやく紅葉が始まる時期ですが、高山では早々に冬仕度に…

  6. イベントスケジュール

    【日本百名山】2022年7月30日(土)〜8月1日(月) 中央アルプス 木曽駒ヶ岳〜宝剣岳〜空木岳縦…

    北アルプス、南アルプスと並び日本アルプスの一角を成す木曽山脈 中央アル…

イベントスケジュール

パートナーサイト

HYPERLITE MOUNTAIN GEAR

※1人1回限りお買い物が15%割引になる特別リンクです

 

Enlightened Equipment

CANIS -Technical Apparel

Stone Glacier -Technical Hunting Gear

MONTURA STORE FC TOKYO(東京 駒込)

ツアー参加者優待キャンペーン

ツアーへお申し込みと同時でお得に

<入会金3,240円が1,080円に>入会割引パック

facebook

  1. ガイド日誌

    すぐに役立つ地図読み講座
  2. イベントスケジュール

    【催行終了】2019年4月7日(日)瑞牆山バリエーションルート(日本百名山) 日…
  3. イベントスケジュール

    【テント泊入門】奥秩父主脈縦走 笠取山〜将監峠 テント泊ツアー
  4. ガイド日誌

    (MONTURA Store FC Tokyoツアー)金峰山 日帰り 瑞牆山荘〜…
  5. ガイド日誌

    田代山〜帝釈山、そして会津駒ヶ岳
PAGE TOP